ROCKの誕生

現在より遡ること50年余り、1950年代当時、まだ人種差別が激しかったころのアメリカでは、白人は白人の音楽(ポピュラーミュージック、カントリーetc)、黒人は黒人の音楽(R&B、ブルースetc)と演る側と聞く側の人種がはっきり別れていたという。そんな中、白人の若者達は大人が聞くポピュラーミュージックやのんびりとしたカントリーに満足できず、もっとビートの効いたのれる音楽を求めていた。それに気付いたフィラデルフィアのDJ"アラン・ブリード"は自身のラジオ番組で黒人のR&Bをかけまくった。もちろんアランの番組は白人の若者達に人気を集め大成功した。当時人種差別からR&Bなどはレイス(差別)ミュージックと呼ばれ差別的意味合いが強かったため、これを避けるため番組中アランは"ROCK’N ROLL"という新しい呼び名を使った。これが"ROCK"の誕生であると一般的に言われている。

 

Dr.Martensを愛した人たち

ミュージシャンからの熱い支持
60年代に入りGEORGE COXのクリーパーはモードシューズとしてヒットした。 そのころ誕生したDr.Martensは"ザ・ビートルズ"や"ザ・ローリング・ストーンズ"等、 誰もが知っているバンドにも愛され、またパブリックなシーンにDr.Martensのブーツを身に付けて登場した 最初の有名人の一人として"ザ・フー"の"ピート・タウンゼント"等があげられる。 腕をグルグルと回し、高くジャンプした彼の足元は紛れも無くDr.Martensである。 また丈夫でハードなイメージのDr.Martensがフーリガン達に好まれる様になったのもこの頃からだと言われている。

 

パンクの誕生

70年代に入り、ロンドンを中心とした風変わりなファッショントレンドが巻き起こる。 その風変わりなファッションは次第にイギリスのファッションの最前列へと躍り出てきた。
彼らの奇抜なファッション、反抗的なメッセージや荒削りなサウンド、 これらは"PUNK"という新たなジャンルを確立した。 また、セックス・ピストルズやザ・クラッシュなどのメンバーがDr.Martensのブーツを履いていることが 映像や写真などでも確認できる。 他にも“PUNK”の誕生と共にダムド、ストラングラーズ、シャム69、バズコックス、ジェネレーションX等、 多くのバンドが活躍した。 そして彼らがDr.MartensのブーツやGEORGE COXのクリーパーを履いていたことにより 両ブランドが“PUNK”と強く結びつき現在までパンクファッションやスタイルに必要不可欠な物となったのである。

 

幅広い支持を集めたDr.Martens

ミュージシャンからの熱い支持
60年代に入りGEORGE COXのクリーパーはモードシューズとしてヒットした。 そのころ誕生したDr.Martensは"ザ・ビートルズ"や"ザ・ローリング・ストーンズ"等、 誰もが知っているバンドにも愛され、またパブリックなシーンにDr.Martensのブーツを身に付けて登場した 最初の有名人の一人として"ザ・フー"の"ピート・タウンゼント"等があげられる。 腕をグルグルと回し、高くジャンプした彼の足元は紛れも無くDr.Martensである。 また丈夫でハードなイメージのDr.Martensがフーリガン達に好まれる様になったのもこの頃からだと言われている。

 

パンクの誕生

70年代に入り、ロンドンを中心とした風変わりなファッショントレンドが巻き起こる。 その風変わりなファッションは次第にイギリスのファッションの最前列へと躍り出てきた。
彼らの奇抜なファッション、反抗的なメッセージや荒削りなサウンド、 これらは"PUNK"という新たなジャンルを確立した。 また、セックス・ピストルズやザ・クラッシュなどのメンバーがDr.Martensのブーツを履いていることが 映像や写真などでも確認できる。 他にも“PUNK”の誕生と共にダムド、ストラングラーズ、シャム69、バズコックス、ジェネレーションX等、 多くのバンドが活躍した。 そして彼らがDr.MartensのブーツやGEORGE COXのクリーパーを履いていたことにより 両ブランドが“PUNK”と強く結びつき現在までパンクファッションやスタイルに必要不可欠な物となったのである。

 

幅広い支持を集めたDr.Martens

80年代に入りDr.MartensはカオスU.K、エクスプロイテッド、G.B.H、 ディスチャージ等に代表されるハードコア・パンクやアディクツ、ブリッツ、ザ・ビジネス等のoi,スキンズの面々にも愛用された。 また、スペシャルズ、マッドネスなどのスカブームの火付け役となった彼らも身に付けており、 さらにはイギリスのポップシーンの拡大により、ポールキングやカルチャークラブのボーイジョージ、スミスのモリッシー等、 華美なコーディネイトの仕上げにもDr.Martensを合わせたりし、幅広い支持を集めていった。 またメテオス、クルーメン、グアナバッツなどに代表されるサイコビリーシーンにもDr.Martensも愛用された。

 

確固たる音楽との関係

90年代に入りファッションは徐々にドレスダウンの風潮が高まっていく中でも、GEORGE COX、Dr.Martensはロックシーンを中心にあらゆるジャンルのミュージシャンから支持され続けていく。 ブラー、スウェード、オアシス、プロディジー、ランシド等様々である。 もはや音楽との結びつきは確固たるものとなり、多くのミュージシャン達のマストアイテムとなった。
今後も数多くのミュージシャンだけに

 

変わらない反抗の精神

Dr.Martensは世界中のたくさんのユーザーに愛用されいます。 TVや雑誌やネット、街中でも履いている人を見かけることも増えてきました。 ミュージシャンとストリートカルチャーに深く関係し“反抗の精神”を継承してきたDr.Martensを カウンターカルチャーの証として、たくさんある情報網の中から 自らの意思でお気に入りのモデルを見つけて履いて欲しいと思います。 そして、その気持ちを忘れずに履き続ける事で新しい次の時代にも受け継がれていく事を願っております。

 

ロック=不良の音楽

ペンシルバニア出身の"ビル・ヘイリー"は、ヒルビリー歌手を目指して40年代の間中多くのバンドを転々としていた。 ミュージシャンとラジオDJの二つの顔を持つ彼の元にリスナーから一本の電話が入った。 16~17歳の白人の少年からの「もっとビートが欲しい。カントリーはかったるい。」という不満の電話であった。 ビルに迷いは無く自らのバンド"サドル・メン"を"コメッツ"と改名し、 ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツを結成した。"ロケット88"や"ロック・ザ・ジョイント"がスマッシュヒットし、1955年に"ロック・アラウンド・ザ・クロック"が大ヒットしたと共に、同曲は映画"暴力教室"のテーマ曲であった。 このことが大人達のヒンシュクをかい、"ROCK=不良の音楽"という方程式が出来上がってしまったのだ。 大人たちがダメと言えば求めたくなるのが若者達である。そして彼らの支持と共に50年代には多くのロックンローラーが登場した。 "エド・サリバン・ショウ"に腰から下は映さないという出演条件の中、 視聴率82.6%という伝説を残したスーパースター"エルビス・プレスリー"を筆頭に、 エディ・コクラン、バディー・ホリー、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、 チャック・ベリー、ファッツ・ドミノ、ラりー・ウイリアムス、ボ・ディドリー、リトル・リチャードなど現在まで多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックンローラーたちが活躍した。 その後アメリカで生まれた"ロックンロール"が海を越えて世界的なムーブメントを起こしたのは言うまでもない。

 

Dr.Martensのエアクッションソールの誕生

ワークブーツからストリートアイテムへ
1945年ドイツ人医師クラウス・マエーテン氏が自身のスキー中の事故により足を怪我した際、 痛みを和らげるためにクッション性の優れた靴を作ろうと決心し、 友人のヘルベルト・フングと開発したのが"エアクッションソール"であり、現在のドクターマーチンソールである。 その後、1960年にR・グリックス社が"Dr.Martens(ドクターマーチン)"の商標を獲得し、 その年の4月1日に伝説の8ホールブーツが誕生し、その生年月日から"1460Z"と名付けられた。 Dr.Martensは歩きやすく丈夫なワークブーツとして警察官、郵便配達員、建築作業員などに親しまれていた。 そのDr.Martensがスタイリッシュなストリートアイテムとして脚光を浴び、 数々のミュージシャンに愛されるようになるのに時間はかからなかった。