Dr.Martensのエアクッションソールの誕生

“ROCK(ロック)”&“PUNK(パンク)”と“Dr.Martens”
“ROCK”の誕生 “ロック=不良の音楽” Dr.Martensエアクッションソールの誕生 Dr.Martensを愛した人たち
ワークブーツからストリートアイテムへ
1945年ドイツ人医師クラウス・マエーテン氏が自身のスキー中の事故により足を怪我した際、痛みを和らげるためにクッション性の優れた靴を作ろうと決心し、友人のヘルベルト・フングと開発したのが"エアクッションソール"であり、現在のドクターマーチンソールである。その後、1960年にR・グリックス社が"Dr.Martens(ドクターマーチン)"の商標を獲得し、その年の4月1日に伝説の8ホールブーツが誕生し、その生年月日から"1460Z"と名付けられた。Dr.Martensは歩きやすく丈夫なワークブーツとして警察官、郵便配達員、建築作業員などに親しまれていた。そのDr.Martensがスタイリッシュなストリートアイテムとして脚光を浴び、数々のミュージシャンに愛されるようになるのに時間はかからなかった。